同性パートナーへも結婚お祝い金

みなさんこんばんは。ライフ部門のあいです。
どんどん涼しくなっていますが、みなさん風邪などひいていないでしょうか。
私はもうヒートテックを引っ張り出したい衝動にかられています(笑)

さて、タイトルの件ですが、この度世田谷区の区職員の互助会が同性パートナーのいる職員へ、異性パートナーと結婚した際に出る結婚お祝い金を出すことが決まったそうです。

詳細は下記ご覧ください。

東京都世田谷区の区職員互助会(会員約5800人)は、同性のパートナーを持つ職員に「結婚祝い金」に相当するお祝い金を出す方針を決めた。来春から実施する予定。区によると、同様の制度は外資系企業などで導入の動きがあるが、自治体職員では極めて異例。
16日の区議会決算特別委員会で、上川あや区議の質問に岡田篤総務部長が明らかにした。区職員厚生課によると、同性をパートナーとして届け出た職員に、異性カップルと同様に祝い金3万円を一度支給する。互助会は今後、必要書類など具体的な手続きを定め、年度内に会員の同意を得る。
区は11月5日から、生活を共にする区内の同性カップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓書」の受け付けを始める。互助会の名誉会長を務める保坂展人区長は「祝い金制度は職員全体で決めることだが、不平等な環境を見直す機運が出てきたことは歓迎したい」と話している。

世田谷区職員の互助会、同性婚に祝い金 来春開始の予定より引用

引用元の記事にもあるように、一企業ではなく自治体でこういったことが認められることは今までにありません。これまた大きな一歩だと思います。

この結婚お祝い金がもたらす変化は?

この記事を読んでみなさんはどうゆう感想を持ったでしょうか。
私が思ったことは大きくふたつです。
ひとつは、同性愛をはじめとするLGBT(セクシャルマイノリティ)当事者がよりカミングアウトしやすい環境が出来るのではないかということ。
もちろん、未だ残る偏見がすぐになくなるわけではありません。しかし、こういった制度が区の自治体で実施されることは大きいと思います。
なぜなら、皆さんも既に目にしたように一般企業が実施するよりも大きく取り上げられるから。
LGBTについて偏見を持つ人の目にとまることよりも、むしろ今まで全く無関心だった人に知れることが理解の拡散に繋がるのではと私は思います。

そしてふたつめは、渋谷区のパートナーシップ条例に続く可能性があるという期待です。
区としてこのような理解を示したということは、結果がどうなるかはまだわかりませんが、行動する意思をお持ちだということです。
可能性が0ではなくなるという点で大いに期待したいと思っています。

お祝い金、という言葉

最後にこれは私の感想になります。

今回のことで私が個人的に嬉しく思うのは、同性パートナーへ“お祝い”金が出ること。
お金をもらえることよりも、同性パートナーをお祝いしようというこの言葉がとても嬉しいです。

言葉だけの話では、と思われるかも知れませんが、人に取って言葉って意外と響くものです。
異性のパートナーと同じように、お祝いされるということはこれまで肩身の狭かった当事者にとっては非常に喜ばしいことです。

こういった動きが少しでも増えて、LGBTが当たり前になることを願います。