バリエーション豊富なセクシャルマイノリティ

みなさんこんにちは、ライフ部門のあいです。

みなさんはLGBTときいてどんな人、どんなセクシャリティを思い浮かべるでしょうか。

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー

ちょっとLGBTに詳しい人は、その言葉がこれら4つの単語の頭文字だとご存知かもしれません。

しかし、LGBTとは単純にレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーだけを指す言葉だけではありません。人によって定義が変わることもありますが、セクシャルマイノリティ全体を指す言葉として使われることが多いですね。

つまり、セクシャルマイノリティのカテゴリーは他にもたくさん存在するのです。

今日はその数ある中のひとつ、パンセクシャルについてお伝えしたいと思います。

パンセクシャルとは

パンセクシャルという言葉、ご存知な方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

昨年、マイリーがパンセクシャルをカミングアウトしたことで言葉だけならば聞いたことがある、という方はいらっしゃるかもしれません。しかし、その定義が今ひとつわからないという方が実はとても多いようです。

その理由として、バイセクシャル(両性愛者)と性質がとても似ていることがあります。

パンとはギリシャ語で全ての、という意味。つまり、パンセクシャルとは全性愛という意味になります。男性、女性に限らず全ての性別(身体的性別、ジェンダー、性自認)を愛することができる…というのがよくされる説明です。

しかし、これだと結局バイセクシャルとの違いがイマイチ分かりにくいですね。そこで今回は私の解釈を加えて説明してみたいと思います。

では、まずバイセクシャルの説明から。

バイセクシャルとは男性、女性のどちらも恋愛対象になる人のことです。ちなみに私もバイセクシャルだったりします。

バイセクシャルの中には、男性、女性に限らず無性の方や性同一性障害の方を好きになる方もいらっしゃいます。

しかし、いずれの場合においても好きになる人の男性的な部分、もしくは女性的な部分に魅力を感じる、というのが多数派な定義となっています。

対してパンセクシャルの方については、そもそも性別なんてどうでも良いと考えている人が多いようです。

LGBT当事者やアライ(理解者)の中にもこういう考えの方は多いですが、こと恋愛に関しては話が別ですよね。ゲイの方の恋愛対象は男性。ビアンの方の恋愛対象は女性なわけですから。パンセクシャルの場合、その人の性格や相性により恋に落ちるものの、その人の性別なんて関係ないわけです。

恋愛において男性らしさ、女性らしさなんかは根っこから関係ない、故に全性愛です。

さいごに

さて、簡単にではありますが、ここまでパンセクシャルの説明をお聞きになっていかがでしたでしょうか。

ここまで定義だなんだとお話してきましたが、実は私個人としてはセクシャリティのカテゴライズにそこまでこだわりはありません。

なぜなら、本人が一番幸せになれる恋愛の仕方やジェンダーの選び方をするのが一番だと思っているからです。

ですが、その分類にどんなものがあるかを知っておいて損はないと思っています。

たとえば、自分はバイセクシャルだと思っている人がいます。しかし、その人は他のバイセクシャルとはなんだか少し考え方や嗜好が違うように感じて悩んでいたとしましょう。

そこで、その人がパンセクシャルという人がいること、自身もそうだということを知ることが出来たらどうでしょう。

人間、特に日本人は自分と同じ人がいるとわかることで安心感を得られることがありますよね。

なので、様々なセクシャリティの形を知ることは大切だと私は思います。しかし、それに囚われすぎず自分らしい生き方を見つけて欲しいと思っています。

どのセクシャリティが優れているとか、どのセクシャリティが良いかなんてありません。いろんな価値観があって、それを認めあえる社会になったら良いなぁ、と思います。