オンラインゲームという世界

みなさんこんばんは。ライフ部分のあいです。
今回はちょっと変わった話題でお話しようと思います。

みなさんはオンラインゲームをご存知でしょうか。オンラインゲームとは、インターネットを通じて世界中の人と一緒に遊べるゲームのことです。
種類は豊富でRPGや格闘ゲームのように普通のゲームと同じようにあるようです。

では、このオンラインゲームと普通のゲームの一番違う点はなんなのでしょう。
実際にオンラインゲームが好きな友人に聞いたところ(すいません、私はやったことがありません 汗)、実際に存在する人物とのコミュニケーションができることが魅力だというのです。
ゲーム内で友達を作ったり、恋愛をしたり。そして、ゲームによってはゲーム内で結婚できるシステムがあるとのこと。

前置きが長くなりましたが、今回はこのオンラインゲーム内での結婚についてのお話です。

この話を聞いた時、私は正直「ふーん」という感じでした。SNSで恋愛をする人もいます、その延長くらいなんだろうな、と。
ですが、聞けばシステムで定められた結婚は自分が使うキャラクターの重要な情報となり、簡単に変更できないものだそう。
ゲーム内ではありますが、本気でその世界を楽しむ人にとっては簡単なことではなさそうです。

オンラインゲームでの結婚

さて、このゲーム内結婚ですが現実社会と同様に、男女でということになることが多いそうです。

ですが、同性愛社の方々にもこういったゲームを嗜む方はいらっしゃいます。
そういった方がゲーム内で気になる人と結婚するには自分、もしくは相手のキャラクターを異性にする必要があるわけですね。

ここでちょっとおさらいですが、同性愛のかたは自分と同じ性別の人を好きになりますが、その多くは自分が異性になりたいわけではありません。
ゲイならば男性として男性を。ビアンならば女性として女性を愛するわけですね。

そんな人たちが、例えゲームの話とはいえ好きな人と一緒になるのに異性に扮するのは好ましくはないはずです。
むしろゲームという娯楽だからこそ、その中でくらい自由に恋愛結婚したいと思うのではないでしょうか。

 

同性婚ができるゲームが出てきている

昨年の5月のニュースですが、ゲーム会社の任天堂が展開する「tomodachi life」でひと悶着ありました。
こちらはゲーム内で自分のアバターを操作する内容ですが、アメリカでゲイの方から、ゲーム内でパートナーと結婚出来ないので改善してほしいと要望を出したとのこと。
最終的にはゲームのシステム上改善は出来ないが、次回作品から考慮するといった回答がでたそうです。

参考ニュースは下記より↓
http://a.excite.co.jp/News/reviewapp/20140514/E1400033428854.html
こういったことを受けてか最近では同性婚が可能なゲームがでたり、また出来るようにアップデートされたゲームも増えているようです。

ノンケの方からしたら些細なことかもしれませんが、当事者からしたら一歩前進ですよね。

いきなり国として政として、変えるのは難しいかもしれませんが、こういった小さなことから需要があることを社会に示していき、セクシャルマイノリティという概念を取り払っていきたいですね。