皆さん、こんにちは、ライフ部門の沙冬です。

わたしは昔、ニューハーフ業界の飲み屋さんにお世話になっていた頃があるので、

今日はそれを踏まえてお話しをしたいと思います。

ニューハーフ業界での働くきっかけは多種多様

ニューハーフ業界では、それぞれのセクシャリティを尊重することが基本です。

ニューハーフに憧れて、仕事をする人もいます。
その他に、

・自分自身のセクシャリティがわからない人
・女性になりたくてGID(性同一性障害)の治療をはじめたばかりの人
・ホルモン療法して一般社会で働いてみて、つらい思いした人
・一般社会に出てからGID(性同一性障害)と気づき手術費用の為に働く人
・一般社会に出てからGID(性同一性障害)ではないと気づき自分のセクシャリティがニューハーフであると認識した人

などなど、ニューハーフ業界で働いている方の数だけ理由はあります。

そこで考えてほしいのは、男性を顧客の対象としているビジネスですが、男性が好きなだけで働いている人はごくわずかで、

実際には、お金のためとか、彼氏見つけて結婚するまでとか、一般社会での働き方がわからないから、と言った人も存在する事です。

ニューハーフ業界で働いた後の事も視野に入れた人生設計

世間一般の女性の就職率も低いので、そこも計算に入れるとMTF(男性で生まれたが性自認は女性)の就職率も低くなると言った統計も出やすいのは分かります。
ニューハーフ業界に計算されていない部分の就労者が存在するのも事実です。

そこもカウントすると、就労している数字は増えるかもしれませんが、就労の質をここでは述べたいのです。

 

考えてみてください。

 

そこでいつまで働けるのでしょうか?若いうちは稼げるかもしれませんがそれでも健康が条件です。
お酒飲めなくなったら、お酒を提供し自分も飲むお仕事ですので、仕事ができなくなる事になります。

そうなった場合、一般社会に出たくない・出れないと思っている方や、お金を貯めたい人はどこにいくのでしょうか?

一つ言えるのが、性交渉をビジネスにした風俗関係のお仕事です。

しっかりと管理されている会社もあるかもしれませんが、ニューハーフ業界でよく耳にするのが補償がない、病気の心配や危険な組織が付きまとうと言った事です。

覚せい剤などの薬の誘惑だってあるかも知れません。

現に私の周りから薬の誘惑で連絡も取れなくなってしまった友人は少なくありません・・・。

薬の誘惑に負けてしまうと、手術もできなく、戸籍も、変更できなくなります。

また、高収入になれてしまっては生活レベルも、落としにくくなります。

ニューハーフの性を売りにしたお仕事ですので、本人がGID(性同一性障害)と自覚し、SRS(性別適合手術)を受けたいと思った時勤務先から手術を受ける事を禁止される場合もあります。

なぜなら、見た目が女性で脱いだら陰茎がある状態が、ニューハーフの性ビジネスでは付加価値とされています。
そこで働く事や、働いている方と雇用側とが納得した上での職場ならば問題はないと思います。

法に触れる事をしていなければ。

しかし、私は人間でありMTF(男性として生まれたが性自認は女性)当事者でもあります。
MTF、ニューハーフの就労先での人権が保てれていく事が必要です。

そのためには当事者が本当にそこで働く事が将来も見据えた上での一つの手段なのである事が重要と考えます。

確かに、ニューハーフ業界を経験することによって、自分を売る力や錆びない美容力は身につき、いつまでも綺麗でいられるかもしれません。

もし、業界に興味のあるMTFさんがいたら、ちゃんと、人生の目標・就労期間、流されない自分を持って働くことをお伝えします。

ただ一般社会でもそうですが、MTFは特に、若いほうが就職率は高いです。

職場には若い子たちがいる空間、若い価値観が生まれている空間とも言えます。

最初は辛いですが、早いうちにメンタルを鍛えて女子力をつけ、どこに行ってもいくつになっても、素敵な女性でいることが必要です。

あなたにとっての素敵な女性像を聞かせてください。

LGBT-JAPANは、あなたの就職を最後まで応援します。セミナー参加して、よい就職を一緒に考えましょうね★★★

興味のある方は是非いらしてみてください。当日はメンバー講師として私の他にMTFのメンバーあいと、FTM(女性で生まれたが性自認は男性)メンバーの斎藤がきますので、どんどん質問してくださいね。

詳しくはこちらです。
LGBTの就職支援セミナー 働きたい企業から内定を勝ち取り、堂々と社会へ

この他にMTFボイストレーニング希望の方
LGBT:性同一性障害 MTF(男性で生まれたが性自認は女性)の悩み 声でお悩みの方、ボイトレいたします。