こんばんは。
アパレル部門の、しんぽんです。

昨日、個人の仕事の方で、アーティスティックワイヤーで指輪を作るワークショップを開いてたんですね。
ワイヤーアート&パワーストーン・アクセサリー講座という講座のインストラクターでもあるので。
ちなみに、ワイヤーで作るリングってどんなものかというと、こんなものです。

20151129_135239

そこに来て下さった方がカードを持ってきてくださったんで、ワークショップの最中のまったりしていた時間に(笑)、カードリーディングしてもらったんです。
いつ頃パートナーに出会えますか?っていうテーマで(笑)。
あ、来て下さった方は自分がLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの総称)の当事者であること、ゲイであることは知ってる方なんですけどね。

そしたら、ガタイの良い人に出会えるよ。ただ、女友達に横やりを入れられそうというリーディング結果。
女狐タイプには気を付けてというアドバイスももらいました。
パートナー探しも頑張ってみます(^_-)-☆

ということで、カラー心理に関する新しい連載シリーズ「好きな色から見る適職」も今回で3回目です。
前回のシリーズと違って、今回は赤・オレンジと色のグラデーションになるように進めてます。
前回の「LGBTファッション×カラー心理♪」は色の出現順番はあえてばらばらにしてましたからね。
今回はイエローが好きな人の適職を見ていきましょう♪

Fotolia_61944290_XS

イエローが好きな人の性質としてあげられるのは、

・知識欲があり、知的好奇心が旺盛な人
・明るくユーモアがある楽しい性格
・自己中心的な振る舞いが多い人
・判断や分析が的確にできる人

などなど……

上記の気質などを踏まえて、向いている仕事・適職となると、

◎幼稚園や小学校の先生
◎お笑いタレント
◎ツアーコンダクター
◎飲食業
◎技術者

黄色は明るさ、朗らかさを感じさせる色なので、この色を好きな人は明るくユーモアがあるタイプが多いです。
幼稚園や小学校の先生、ツアーコンダクターなら明るく楽しい方は特に人気者になるかもしれないですね。

そして、同じくユーモアセンスという意味で言えばお笑いタレントさんもこの色を好きなタイプの人の適職。
人を笑わせたい、楽しい気分にさせたいという太陽のような明るさを持っていて、分析好きなこのタイプならネタ作りも論理的に行えて、芸人さんに向いているでしょうね。

そして、黄色は第3チャクラの色。第3チャクラは胃のあたりになり、食にも通じる色。明るく楽しい方なら飲食業はその人を慕う人が集まって繁盛しそうです。

また、神経質さ・まめさを表す色にもなるので、論理的に組み立てる思考能力と細かな作業が必要になる技術職も、気質に合っている職業と言えるのではないでしょうか。

参考出典:佐々木仁美監修「色の心理学」

過去のシリーズ投稿はこちら

・第1回:好きな色から見るLGBTの適職 [レッド]
・第2回:好きな色から見るLGBTの適職 [オレンジ]