こんばんは!!LGBT-JAPAN代表の田附 亮です。
先日、私は高校からの友人と久しぶりに会い、夕飯を食べてきました。

彼は、私が高校2年生の時に同じクラスだった藤代 圭一君。

フジくんと私は呼んでおります。

フジくんは、現在スポーツメンタルトレーナーとして日本のみならず世界を飛び回っているメンタルトレーナーです。

私も彼の講習を受けた事があるのですが、基本はサッカーなどのスポーツの事を中心題材にしてお話しは展開されていきます。
選手に向けて『魔法のしつもん』を投げかけ、選手自ら考える力や、自ら自分の良いところ、仲間の良いところ、具体的な今後のビジョンの組み立てなどを見出していくといった目的です。

目先の勝利ではなくて、将来的なチーム中の個人や、個人にとってのチームづくり、本当の試合に勝つと言う意味はなどなど今後の人生に於いても置き換えて考えられる大変勉強になる内容であります。

フジくんとは卒業してからも、ちょこちょこ会っては飲んだり食事したりとしていたのですが、いつも彼にメンタルトレーニングしてもらっている次第です(笑)

社会人としてとても勉強になる事ばかりです。
そしてそんな僕にいつも彼は協力的でアドバイスを沢山くれて、まるで自分の事のように考えてくれます。

彼の講習は選手達だけではなくて、指導者の方々に向けても開催されております。
僕が参加した講習会は指導者や大人の方々に向けてのメンタルトレーナー講習でした。

初めまして同士でも輪ができ、気づいたら仲良くなっていてお互いの事が短時間の間で打ち解けれるだけでなく将来のビジョンまで理解出来てしまう程の間柄になります。

不思議な講習会でした。と同時に日頃、脳の未使用具合に驚く程です。

以上が僕が藤代 圭一君の講習を受けて感じた事です。僕からの説明よりも彼から直接聞いた方がより分かりやすいので是非一度、彼のホームページをご覧になってくださいませ!!

しつもんメンタルトレーニング 藤代圭一の”しつもんメンタルトレーニング”

メンタルトレーニングから学んだLGBT関係に向けての共通点

講習に参加させて頂いて感じた事や気づきを、もう少し話させて頂きます。

その前にLGBTとはなんぞや?の部分をこちらの説明をご覧頂き、ご理解頂きたく存じます。

ざっくり説明させて頂きますと、LGBTとはレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスセクシャルの総称でございます。

トランスセクシャルとは性同一性障害(最近では性別違和と呼び始めております)と言って、生まれてきた性別と自分が認識している性別が反対の方です。

私も性同一性障害(障害ではなく個性と思っております)です。

女性で生まれましたが性自認は男性と言う”FTM”です。FTMとはFemale To Maleの頭文字を取った略です。

お話しを本筋に戻します。

LGBTの講演会や交流会を開催するにあたって、私の理念はお帰りの際に何か目標を一つ達成して頂きたいと言う思いがあります。

ただ初めましての方々が顔を合わせて、2時間くらい時間と空間を共に過ごしてSNS交換して解散では少し寂しいなと思うからです。

もしも、そこに少しのエッセンスとして来なければ出来なかった達成できた事をプレゼントしたくて、いつもイベントを企画しています。
そして今後もそうしていきます。

来て頂いた方が、帰る時には友達が一人増やしたいと言う目的で時間を共有してくれたら、その時にできたお友達とはその後も連絡が途切れる確率が少なくなるかもしれません。

帰る時には来た時よりも、胸の不安がすっきりしたいとイメージして参加し達成する事ができたのであれば、その会にきてくださった時間は非常にその方にとって何物にも変えれない価値になります。

そのお手伝いを我々LGBT-JAPANはしていきます。
そして、LGBTの輪の中にいても、いなくても自分らしく自由に生きていけるお手伝いをさせて頂きたく活動させて頂いております。

その為には参加してくださる方自身の問題だけではありません。
『しつもんの仕方』で、『しつもん』をされた方もした方も、その後に人間としての力がつくようになるのです。

ここで、その『しつもん』の仕方を事細かく説明してしまうと私の本日伝えた事ではないのと、『しつもん』のプロが目の前にいるのに私のニワカ知識で話しても時間だけが過ぎていきますので藤代圭一君にお任せ致します。

世間が決めているのでは無くて自分かもしれないLGBTの生きづらさ?

確かにLGBTの方々は、現時点での日本国では生きにくい部分もあります。

しかし、一概にそれを社会のせいにするのではなく、なぜそう思ったかを自分に聞いてみて下さい。

もしもその理由が『だってどうせ無理だもん』とか『だってそ言われたから』とか『だって自分ではどうしようもないじゃん』と言う理由でしたら、間に合います。

きっと住みよい人生に変えれます。

自分が決めている様で、その理由は自分以外の人の意見や言ったことに左右されているだけなのです。
大切なのは自分の心に素直に聞くこと。そして、素直に応えること。

何に対しても悲観的に自分を置くのではなく、悲しかったり、不安だったりしても、きっとその先はあります。

人生を、LGBTである自分を見捨てるのではなく、そうだったら自分は生きやすくなるのかを今一度考えて自分に問いかけてみて下さい。

その問いかけをした瞬間から未来は開けています。

不安な事やご質問、いつでもお待ちしております。

また、藤代圭一君の講習会に興味がある方は直接彼のホームページからでも良いですし、私に一度ご相談されてからでも大丈夫です!

IMG_3350

持ってくれているのは今月の10月31日と11月1日に開催されます《横浜レインボーフェスタ2015》のチラシです。

LGBT-JAPANは物販ブースにて、アパレル部門よりオリジナルのTシャツとシャツを販売致します!!

横浜レインボーフェスタ2015での我々の商品はこちらから観れます!!是非遊びにきてみて下さいね。

それでは、素敵な1日をお過ごし下さい!!