皆さん、こんばんは。

LGBT-JAPANの齋藤有登です。

 

先日、11月5日(木)に

渋谷区では、パートナーシップ証明書の発行が開始。

世田谷区では、パートナーシップ宣誓書の受付が開始されました。

(世田谷区は、証明書は交付されないが、「受領書」が発行される)

 

僕個人の意見として、

日本のLGBTに関する文化は海外と比べると

大きくおくれを取っていると思っていたので

今回のパートナーシップ証明書に関して言えば

まだまだ海外には追いつかないなと感じていました。

 

ですが、海外の評価は意外にも違っていたようです。

 

「時代遅れだが、大きな一歩」

渋谷区は11月5日(木)自治体として全国で初めて、

同性カップルを結婚に相当する関係と認める

「パートナーシップ証明書」の発行を始ました。

法的拘束力はありませんが、証明書をもっているカップルを

法的に結婚している夫婦と同等に扱うよう、区は区内の事業者などに求めています。

 

渋谷区では、同性カップルを結婚に相当する関係と認め、

その証明書を発行することを含む条例が今年3月に成立していました。

今回は、その運用が始まったということになります。

証明書発行の対象となるのは、

区内在住の20歳以上のカップルで、

申請には2種類の公正証書が必要となります。

互いを後見人とするものと、共同生活のあり方について合意を行ったもの。

また同日(11/5)世田谷区も、

同性カップルからの「パートナーシップ宣誓書」の受付を開始。

こちらは証明書の交付はないが、「受領証」が発行されます。

 

海外メディアは、

日本の性的マイノリティーをめぐる認識の現状にかんがみて

特に権利問題への認識を高めたという点で

渋谷区の取り組みを意義あるものと評価しているようです。

 

課題はまだまだいっぱい

LGBT当事者は日本社会ではずっと

ほとんど目に見えない存在であり続けており

法的に認められた同性婚は相変わらず遠い夢のままです。

 

そもそもLGBTという言葉自体知らないという日本人が多い中

LGBT当事者も周りにカミングアウトを積極的にできていない傾向も

LGBTの認知が広がらない原因の一つだと言えます。

~LGBTとは?~

 

今回のパートナーシップ証明書のニュースをきっかけに

LGBTを知らなかった人が認知をしたり

LGBT当事者が周りへのカミングアウトに繋がってこそ

大きな一歩と言えるのではないでしょうか。

 

そして、我々LGBT-JAPANとしても

色んな角度から、まずはLGBTの認知に向けて

LGBT当事者が堂々と胸を張って

日本社会で暮らせる世の中を創り上げるため

活動し、成長していきます。

 

皆さん今後ともよろしくお願いいたします。

 

LGBT-JAPAN

事業企画部長 齋藤有登