国内の比率が約8% !!!

こんばんは!!LGBT-JAPAN 代表の田附 亮です。

今年の4月に株式会社 電通さんの課題対応専門組織『電通ダイバーシティ・ラボ』さんからの発表がありました。

それによりますと、日本全国のLGBT 約7万人に対しての調査をされたそうです。

電通ダイバーシティ・ラボさんによると、約8%が日本国内のLGBT (レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスセクシャル )の割合だそうです。

8%・・・?それって多いの?少ないの?となりませんか。

例えば、佐藤さん・田中さん・高橋さん・鈴木さん

上記の4つの日本を代表する苗字がありますよね。クラスに一人はいませんでしたか?

この苗字の割合が、日本国内において約5%と言われているそうです。

となると?

LGBTの約8%は、どのように受け止めて頂けますでしょうか。

ちなみに、私には全ての苗字の友人が1人づつ所か、もっといます。
私自身でも気付いてないLGBTの方々がもっといるんだと改めて確認させて頂きました。

いやいや、そんなにいないでしょ。と思った方もいらっしゃるかと思いますが、みんながみんな、カミングアウトして生きている訳ではございません。

知らないようで、隣のご友人が実は当事者でした。とゆう事も勿論ある訳です。

なにせおおよそですが、およそ10人に1人はLGBT当事者なんですから。

えー、気づかなかった!

そんなに露骨にLGBT当事者の方達みんな分かりやすい出で立ちで日々を暮らしているわけではありません。

当事者ではない、皆様と同じごくごく一般的な出で立ちで社会に存在しています。

日常生活からパレードみたいな格好、皆さんはしませんよね?
我々当事者も、夜のショーのお店とか、仕事以外の場合は割と社会に溶け込んでます。

当事者でない方たちと同じく、着たい服をきて、街にでて買い物をし、食事して、友人とトークに笑い、また明日の仕事や学校が始まる生活をしています。

勿論全員が全員そうだとは言いません。中には目立つ格好の方もいらっしゃいます。それは、当事者でない方たちとなんら変わらない価値観だと思いませんか?

休日の表参道なんて個性の集合体だと思います!!

こうゆう性別だから、こんなような格好をしてるとはお互い思わないで生きていきたいですね。

もはやセクシャルマイノリティではない。

セクシャルマイノリティとは性的少数者の事です。

しかし、約8% の国内人口比がでてしまった今、もはや性的少数者ではなく、個性であり、性別なんだと私は思います。

さあ、また明日から、LGBTが日本で当たり前に存在する個性  になる為に活動に励みたいと思います!!

応援宜しくお願い致します!!!