こんばんは。

LGBT-JAPANの齋藤有登です。

 

先日、11月5日(木)に渋谷区で

「パートナーシップ証明書」の交付が始まりました。

 

LGBT当事者としては、非常に嬉しいニュースです。

ですが、皆さん冷静に考えてみてください。

 

世界ではアメリカを筆頭に

同性婚が認められている国や地域が多数あります。

 

しかし、日本はまだ

「パートナーシップ証明書」の交付のみです。

 

今回は日本と海外を比較したときの

同性婚に対する認知や理解の違いをお伝えいたします。

 

同性婚における日本と海外の違い

同性婚のあくまで法制度のもと、成立するものです。

では、同性婚が可能な国と登録パートナーシップを持つ国を

ここでお伝えいたします。

 

同性婚が認められている国

オランダ、ベルギー、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、ポルトガル、アイスランド、デンマーク、フランス、南アフリカ、アルゼンチン、カナダ、ニュージーランド、ウルグアイ、イギリス、ブラジル、米国、メキシコ、ルクセンブルク、アイルランド(2015年中)、グリーンランド(デンマーク自治領/2015年中)、エストニア(2016年より)、フィンランド(2017年より)

 

登録パートナーシップなどを持つ、国・地域

フィンランド、グリーンランド、ドイツ、ルクセンブルク、イタリア、サンマリノ、アンドラ、スロベニア、スイス、リヒテンシュタイン、チェコ、アイルランド、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、オーストラリア(州による)、イスラエル、ハンガリー、オーストリア、クロアチア、マン諸島(英王室属領)、ジャージー諸島(英王室属領)、ジブラルタル(英国領)、マルタ、エストニア、日本(渋谷区)、台湾(台北市、高雄市)

 

ちなみに...

タイ、台湾、ベトナムでは

現在同性婚において、国会で審議中となっており

この法案が可決された場合、アジア初となります!

 

(EMA日本調べ)

 

 日本はたったの渋谷区だけ。

上記太字で表記した国は

主要先進国とされる9か国です。

 

そのうち、同性婚が認められている国が5か国。

登録パートナーシップなどを持つ国が4か国。

ここでまず、日本はおくれを取っており

更に、他の主要先進国のほとんどが

国として認めているにもかかわらず

 

なんと日本は

日本の中の、東京都の中の、渋谷区。

針を刺すほどのピンポイントさ!!

 

早く他の先進国に追いつかなければ。

 

LGBT-JAPAN

事業企画部長 齋藤 有登