こんにちは。
アパレル部門の、しんぽんです。

今回ご紹介する映画は、2/11から既に公開が始まっていて、アカデミー賞へのノミネートでも話題になっているケイト・ブランシェット主演の『キャロル』です。

n-carol

「太陽がいっぱい」等で知られるパトリシア・ハイスミスの別名義発表の作品が原作

映画のあらすじやチェックポイントはこちら

 「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50年代のニューヨークを鮮やかに再現した衣装・美術と素晴らしい映像美で描き出す。主演は『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラと「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。

1952年、クリスマス目前の活気あふれるニューヨーク。高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズ。フォトグラファーという夢を持ち、恋人のリチャードからは結婚を迫られるなど、一見充実しているかに思えて、どこか満たされない日々を送っていた。そんなある日、ゴージャスな毛皮のコートを着た女性キャロルが、娘のクリスマスプレゼントを探しに彼女の売り場へやって来る。その美しく優雅な佇まいに一瞬で目を奪われ、強い憧れを抱くテレーズ。後日、ふとした成り行きからキャロルにランチに誘われ、彼女が夫ハージとの愛のない結婚生活に苦しんできたこと、そしてついに離婚を決意したことを知るが…。
FROM allcinema

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)映画としてももちろん、本年度のアカデミー賞に6部門でノミネートされている注目作です。
タイトルロールであるキャロルを演じるケイト・ブランシェットと、『ソーシャル・ネットワーク』への出演以後に着々とキャリアを伸ばしているルーニー・マーラの演技合戦も気になる作品ですね。

LGBT映画『リリーのすべて』『キャロル』がアカデミー賞にノミネート

もう既にご覧になっている方がいらっしゃったら、ぜひ感想をお聞かせくださいね。
自分は週明けにでも観に行ってみようかなと思っています。

LGBT-JAPANではイベントなどの企画が目白押し!

LGBT-JAPANでは今後も様々なイベントや企画があります。
もし気になるイベントなどありましたら、お問い合わせくださいね。

■LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の就職支援セミナー
2/20(土):世田谷⇒本日の夕方です!!!
3/11(木)、3/17(木):浜松町
http://lgbt-jp.com/lgbt-shushoku-seminar-2447

■LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)スポーツ、レインボーブリッジウォーキング♪
3/6(日):芝浦ふ頭~レインボーブリッジ~お台場
レインボーブリッジのウォーキング後は、お台場でミッションゲームも!!!
http://lgbt-jp.com/2462-2462

■OTO-FES Vol.2
5/5(祝・木):渋谷
LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)と、アライ(LGBTの支援者)と、そうでない人たちを一つに繋ぐクラブイベント!!!
http://lgbt-jp.com/lgbt-japan-3-2429

堅めの内容から、楽しめるものまで、硬軟織り交ぜてのイベントや企画が数多くありますので、お時間のある方はぜひいらしてくださいね。