こんばんは。
アパレル部門の、しんぽんです。

今回のLGBT映画レビューは、ここ数年でのゲイ映画としては金字塔と言えるだろう、アン・リー監督作品の『ブロークバック・マウンテン』を取り上げます。
まあ、もう10年前の作品だし、鑑賞済みの方も多数いらっしゃるかなとは思いますが。。。

『ブロークバック・マウンテン』の解説

『グリーン・デスティニー』『ハルク』のアン・リー監督がワイオミング州ブロークバック・マウンテンの雄大な風景をバックに綴る、2人のカウボーイの20年にわたる秘められた禁断の愛の物語。原作はアニー・プルーの同名短編。主演は『ブラザーズ・グリム』のヒース・レジャーと『デイ・アフター・トゥモロー』のジェイク・ギレンホール。男同士の純愛というセンシティブなテーマにもかかわらず2005年度の映画賞レースを席巻した感動作。

1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たした2人の青年、イニスとジャック。彼らは山でキャンプをしながら羊の放牧の管理を任される。寡黙なイニスと天衣無縫なジャック。対照的な2人は大自然の中で一緒の時間を過ごすうちに深い友情を築いていく。そしていつしか2人の感情は、彼ら自身気づかぬうちに、友情を超えたものへと変わっていくのだったが…。
引用:allcinema

00d09b5fc2

映画の中のセリフが妙に胸に痛い映画でした。配役も絶妙だったんじゃないかなーと。
主演のヒース・レジャーは彼の持ち合わせた個性の繊細さが苦悩する男を演じるのにはうってつけ。
保守的な考え方の持ち主って設定もどこかリアリティを含んでいるように見えるし。
相手役のジェイク・ギレンホールも大胆さをもちあわせた青年を魅力的に演じていて素敵。
その分、脇を固める女優陣が気になるんだけれど、後にジェイク・ギレンホールがやる役の妻となる役を演じるアン・ハサウェイ。魅力が全く伝わってこない。
逆にヒース・レジャー演じる主人公の妻を演じるミシェル・ウィリアムズ。彼女はすっごく人間くさい役で印象を残してます。
主要キャストではアン・ハサウェイ以外はアカデミーにノミネート。この状況にも納得がいくかなという感じがします。
時代が時代だから仕方ないんだろうけれど、二の足を踏み続けるくせに最後の方のシーンで、相手の実家を訪ねるシーンがあることには共感が自分は出来ずで。
そんなことをするくらいだったら、最初からもっと運命を変えてしまうように活動を起こせばいいのにと思ってしまったんだけど。
そういう意味では役は最後まで一貫はしてたんだろうなと。自分は主人公には一切共感が出来なかったから。
それにしても、この時のジェイク・ギレンホールは若手としては割と演技がうまい部類ですよね。すっごく魅力的でした。
ジェイクがこういう受けの演技をしたからこそ、ヒースの演技は生きたんだろうなーって思えるシーンがいっぱいあったもの。
アン・リー監督の作る映画はすごく丁寧に作られてる、人物像をわかりやすく伝えようとしてくれる作りに好感が持てます。
一緒に過ごせる時間がそんなに長い時間なくても、一生懸命に愛に生きた男たちのドラマ。

【LGBT映画レビュー】
LGBT映画レビュー:『ショートバス』
LGBT映画レビュー:『夜間飛行』
LGBT映画レビュー:『シングルマン』
LGBT映画レビュー:『バッド・エデュケーション』
LGBT映画レビュー:『ぼくを葬る』
LGBT映画レビュー:『ミルク』
LGBT映画レビュー:『彼は秘密の女ともだち』
LGBT映画『イート・ウィズ・ミー』