こんばんは!!LGBT-JAPANの田附 亮です。

日にちは過ぎてしまいましたが、11月5日は日本で初めての日でしたね。

そうです、渋谷区では同性カップルのパートナーシップ証明書発行、世田谷区ではパートナーシップ宣誓書の受付が開始した日です。

朝日新聞デジタルにて、紹介されておりましたので宜しければこちらもご覧ください。

同性カップルに証明書発行「家族として認められ感激」

渋谷区のパートナーシップ証明書とは、同性のカップルに発行される証明書であります。
同じく、世田谷区でのパートナーシップ宣誓書も同性のカップルに発行されるものです。

世田谷区では証明書の発行ではなくて、受領書が発行されます。

こちらは一見、同性婚と混合されやすいですが実は全く異なるものです。同性婚とは、男女の結婚と同じ権限が法的に認められていると言う事です。

しかし、パートナーシップ条例とは、その条例を取り入れた区内の同性カップルに対して同性婚と同等に近い配慮がされると言うものです。

それには法的な拘束力はありません。しかし、パートナーシップ条例を取り入れた区内の同性カップルはパートナーシップ証明書を持っていると、その同性カップルに最大限の配慮をしないといけないと言うものであります。

パートナーシップ証明書を持っていると。

・家族向けの区営賃貸住宅に入居できたり、賃貸物件契約が同性カップルでも可能になります。

・会社での家族手当の受け取り

・保険受け取り人指定

などなどです。

これは何度も言いますが同性婚とは異なります。

しかし、この動きが今後、同性婚の実現の一歩になると思います。

つい先日アメリカでは全州での同性婚が認められました。これは歴史的快挙です!!

日本でも全国で同性婚が現実になる事を強く願います。

世田谷区と渋谷区の違い

渋谷区は条例・世田谷区は要項

要項は条例よりも若干効力が弱くなります。双方に不公平な事がないように事務をする上でのマニュアル的なものです。法令に関する事についての詳細はこちらをご覧ください。

制度に違反した事業者名を公表するかは不明

渋谷区では事業者名を公表すると条例に盛り込んでおりますが、世田谷区ではその様な決まりはありません。

申請書に公正証書の有無がある

渋谷区では申請の際に公正証書が必要になります。その発行には行政書士を雇ったり公正役場に行く手間がかかります。発行にはおよそ1名20,000円の費用がかかります。

世田谷区では申請の際に公正証書が必要ない為、申請の際の費用がかかりません。
同性カップルと言う事で申請に費用がかかる事がない為、非常に画期的な内容になっております。

 

諸々細かい所では若干の違いがありますが、何はともあれ日本の行政がLGBTに対して動き始めた事には変わりはありません。

しかし、だからこそ《LGBT》と言う言葉が一人歩きしないように、我々当事者がLGBTについて常に足元を見た現状ある問題の解決を促していく必要があります。

LGBT-JAPANはそういった細かいけれども、当事者にとっては必要な問題や不安を本人に寄り添って解決していく団体になります。

1人1人のLGBTのライフサイクルに合わせた問題解決にお応えできるように尽力していきます。

皆様も、何かご要望がございましたら気兼ねなくご連絡くださいませ。

一緒に暮らして愉しい日本にもっとしていきましょう!!