熊本へ来たきっかけのハナシ。その③

こんにちは。

LGBT-JAPANの松本です。

 

その②の続きのお話になります。

東京で開催された障がい者支援団体とのコラボクラブイベント、『ChaRainbow』は、

「本当のダイバーシティ(多様性)」を目指し、誰もが参加できる内容のものでした。

渋谷の会場にて、初めてLGBT-JAPANのメンバーに会うことが出来、設営のお手伝いを

させて頂きながら、参加者のリハーサルを見たりしていました。

本番はすぐにやって来て、歌やダンスを披露した参加者の中には、LGBTの方や、

障害を持っている方など、本当に様々な人たちが参加していました。

会場はとても盛り上がり、みんなすごく生き生きとしていて、非常に楽しそうでした。

こういったイベントに初めて参加をした僕は、初めての光景を目の当たりにして、

自分がこれまで、どれだけ狭い世界で生きてきて、

自分の殻に閉じこもっていたのかを知り、今まで何やってたんだろう・・と思うと同時に、

「変わりたい」とあらためて強く感じました。

 

そして、イベント終了後、自分の想いを代表に伝えました。

その後も大阪に戻ってからも何度かやり取りをしているうちに、今回の熊本事業のお話を頂きました。

聞いた当初は、全く知らない土地に行くということだったので

もちろん、仕事や生活のことなど色々な問題が頭を巡り躊躇しましたが、

自分を信じて声をかけてくれた代表の気持ちと、自分の、「やってみたい」

という気持ちを優先することにしました。

これまで自分を隠し、自分にウソをついて閉じこもって生きて来た自分にとって、

「初めて同じ立場の人になにか出来るチャンスだ」と思った僕は、

「是非やりたい」と心から思い、仕事を辞める決心をしました。

そして今、こうして熊本に滞在させていただいてます。

 

・・・・これが、ぼくの熊本に来るまでのきっかけのお話です。

本当にこの様な大きなプロジェクトが僕に務まるのか、

やり遂げることができるのか、正直不安もあります。

ですが、やりがいがある上、必要で大切なことだというのは十分に理解していますし、

なにより、自分がやりたいと思ったことに対して、後悔のないよう

精一杯やってみようと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願いします!

3回に渡る記事にお付き合いしてくれました皆様、ありがとうございました。

 

熊本でのご要望、ご相談がありましたらお気軽にお問合せ下さい!!