復興支援事業キックオフフォーラム!!

こんにちは。

LGBT-JAPANの松本です。

5/13は、熊本市五福公民館で開催されました、

《熊本地震におけるコミュニティ復興支援事業キックオフフォーラム》

に参加させていただきました!

ので、しし丸理事、お休みです。

『またおいてけぼりかコノヤロー』

 

それぞれの支援団体の方々が、発災時にどのような動きをしていたのか、

被災地の現状、今後の課題などを聞くことが出来ました。

復興には、「階段」と「踊り場」がある、ということが印象的で、

被災直後は、とにかく支援、でみんなが動いて助け合う状況になりますが、

1年経ったいま、関心が薄れて、支援活動が停滞している時期なのだそうです。

ここが階段の踊り場と呼ばれるところで、ここのケアが重要だと

ダイバーシティ研究所の田村氏がおっしゃっていました。

被災直後のLGBTの方達も、私たちが想像出来る以外のことでどんな困難に直面

していたんだろうと改めて考えました。

人命が第一なのはもちろんのこと、被災時はすべての方々が色んな困難や不便に

見舞われていたことは当然ではありますが、

LGBT当事者特有の問題も少なからずあったんだと思います。

そういったことを踏まえ、今後の災害対応にしっかり活かせるようにするため、

出来ること、見えるところからどんどん取り組んでいきたいと思います。

 

熊本でのご要望、ご相談がありましたらお気軽にお問合せ下さい!!