こんばんは!!LGBT-JAPAN代表の田附 亮です。

皆さんは「コレクティブ・レイプ」と言う言葉をご存知でしょうか。私はお恥ずかしいながら最近知りました。

実際には起こり得るし、起こっているはずだと思っていたのですがちゃんと言葉になっているとは知りませんでした。

コレクティブ・レイプと言うのは同性愛者の方を矯正させる為に無理やり強姦する事です。

インドでの出来事がクローズアップされていますが実際にはインドに限らない話しです。

牧村朝子さんのブログ こちらに詳しく書かれておりますのでご紹介致します。

インドでは、ゲイの男性が矯正させる為に家族で計画して実のお母さんと性交渉させると言う事件もありました。
さらにレズビアンのカップルに対しても周りの人が輪姦しただけでなく、そのお友達の女性もレズビアンではないのにレイプされると言う事件が起こっております。

インドと言う国が現在レイプ事件が横行している様に思えますがメディアが取り上げているのもありますが実際にはインド以外の国にもありえる事です。

GID(性同一性障害)のFTM(女性で生まれたが性自認は男性)の方を家族が矯正させる為にいとこにレイプさせて、そのFTMの方が親に相談したところ親から殴られ蹴られ彼を旦那として迎え入れろと言われたそうです。

非道い話しです・・・

ほんとにインドだけ・・?

実際にインドだけではもちろんなく、インドの他にアメリカやスウェーデンなどなど欧州各国やこれだけではなく、日本にもコレクティブ・レイプは存在します

日本はそんな事はなくて平和~とお考えではなかったですか?日本では女性の強姦被害を取りしまる法律はありますが男性が被害だと強姦には厳密にはならないそうです。

しかし、コレクティブ・レイプだった場合、話しは異なっていて犯罪と見なされます。

そうでなくても法律は国民を守るべく、性別関係なく性犯罪に対してしっかり見直して欲しいと思います。

日本では

実際に日本でもまだLGBTに対する言われのない偏見は消えておりませんし、LGBT当事者でない方がLGBTに対して画一的にLGBTを認識していたりと、まだまだこれからの部分は沢山あります。

LGBT先進国とは言えない状況であります。しかし、LGBT先進国と言われているアメリカでさえもまだコレクティブ・レイプは存在しているのです。

日本のみならず世界でコレクティブ・レイプをなくすためにはLGBT当事者でない方々に、いかに情報を発信していくか。

そして、いかにLGBT当事者とそうでない人の垣根を無くし歩みよる事。

これに尽きるとお見ます。

どう対処すべきかの前に、自分が置かれているこの場所がいつも当たり前に存在するとは限らなくて今、この瞬間瞬間が大切なんだと一個一個噛みしめる事しか今はできないのでしょうか。

皆さまのご意見ぜひお聞かせください。お待ちしております!!