こんにちは!!
LGBT-JAPAN代表の田附 亮です。

私が日頃感じている事、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスセクシャル)と言う言葉の認知が、特に日本ではなぜ広まっていないかについてご紹介します。

LGBTと言うワードを知っていないといけないのではありません。
LGBTの当事者でも知らない人もいます。

何が問題かというと、そう言った人々のコミュニティの存在に興味がないと言う事です。

なぜ問題なのか。

理由は、LGBTはマイノリティ(少数派)ではないからです。
性に個性がある人は、とても多いのです。

性に個性があるということは、同性愛者・性同一性障害・自分の性別を決めたくない人などのことです。

以下のサイトでは日本の学生の方にLGBTというワードを知っているかというアンケートを取った結果が載っています。

LGBTに対する意識調査
LGBTと言う言葉を聞いた事がない方は全体の6割、何の略称か分からないと言う方も全体の6割もいました。

私も、アルバイト先で以前、某6大学中のひとつでLGBTサークルが盛んな大学に通学しているアルバイトの男性と話した事があります。

私としましてはLGBTサークルが盛んな大学でしたので、そこに在学している方なら皆聞いた事はあったり、サークルが存在する事くらいは風の噂で聞いてるかなと思っておりました。

しかし、彼から発せられた言葉は、

「いやうちのサークルにはそう言ったサークルはないですね…。他の大学でもLGBTサークルがあったら珍しいんじゃないですか?」

でした。

私はさらに「LGBTの方は多いと思うけど、友達とかでカミングアウトしてる子とかいない?」と質問してみました。

彼は「いないですねぇ…なかなか近くにはいないと思います。珍しいですもんね。」でした。

私は、彼にLGBTの人達は実は多いと言う話をしました。
半信半疑ではありましたが、少しLGBTを知ってもらえました。

他の6大学在学のアルバイトの男子にも聞いてみました。
彼は、LGBTの友人がいるらしくサークル活動やLGBTの意味を知ってました。

大学でどうこうではないのですが、身近に感じられる事が大切なのです。

LGBTの人達は、実際はとても多いのです。
それは、以下のことからもおわかりになります。

先進国の中で最下位!?

アメリカのギャラップ社が「あなたの国はLGBTにとって住みやすい国でですか?」
と言うアンケートを取りました。

123カ国の国と地域で実施されたこのアンケート調査では日本はなんと50位!

半分より上だ!!ではなくて、G7と言われる先進国(アメリカ・フランス・日本・ドイツ・イタリア・カナダ・イギリス)
の中で最下位なのです。

ちなみに日本以外のG7と云われている先進国はみんな21位以上でした。

平成26年度 青少年問題調査研究会 第4回議事録より

先進国とこれで言えるのかと疑問に思います。

技術、経済が進んでいたとしても人権、人間性、心の豊かさも追いついていなければ本当の豊かさとは違うと思います。
全てに寛容になれ!と言うわけではなくて、自分の価値観だけで決めるのではなく、違う世界も勿論この世には人間の数だけある。と言う認識を持つ事が大切なのです。

排他的になるのではなく、1度耳を傾け決めつけないで頂きたい。
あなたも私も自分が今まで生きてきた経験だけで全てを判断するのは危険過ぎます。

そして当事者として当事者にお願い致します。
権利、人権ばかりを主張するのではなく、今まで知って貰えなかった理由は何故なのかをもう一度考えてみてください。

売上の悪いお店があったとします。

あなたはそこのオーナーです。
売上が悪かったら、売上が悪い悪い。
立地が悪いんだ。
天気が良くないからだ。

とどうにも出来ないない事にボヤいていたら潰れるだけですよね?

ではどうするか。売上を上げて貰うために、お店を知ってもらう為に、アピールの方法を変えていきませんか?
そして、そのアピール方法が利己的なやり方なのであれば結局そのお店は長続きしません。

LGBTの権利にだけ目を向けるのでは無く、長続きしていて人々に愛され続けているお店を飲みに行った時やご飯を食べた時に観察するのも1つです。

必ずそこには心があって何か共通点があります。

それが何なのかは個人個人の価値観です。
しかし、なぜ今まで日本で認知が広げれなかったのか。
また、なぜ偏見差別の対象なのか。

歴史もあるかもしれませんが、どうする事も出来ない事に目を向けるだけではなく、明日からの素行を見直したいと思います。

人にお願いをする前にLGBT当事者として、人間として、日本人として、柔軟で冷静な脳みそでないといけないのです。

現在、日本はLGBTの認識に対して変わりつつあります。以前よりかは注目もされております。
だからこそ、せっかく注目されているからこそ人間力を磨き、やっぱりLGBTは…と言われないようにLGBTコミュニティ同士で前に進んでいきましょう!!

 

記事の感想お待ちしております。

コメントやお問い合わせからでも結構です。
あなたのご意見お聞かせください!!