こんばんは。
アパレル部門担当の、しんぽんです。

普段はセラピスト業とあわせて、時々ハンドメイドのブレスレットをオーダー作成していたりします。
シリコンゴムを通して作る、シンプルな作りのブレスレットだったり、革紐の間を石やビーズを挟んで作る何連かのラップブレスレットだったり。
今回は私がハンドメイドで作ったレインボーカラーのブレスレットを見て、似たようなものが欲しいとオーダーしてくれた知り合いがいたので、そのブレスレットをご紹介しようかなと。

20150705_001

6色のカラーストーンと水晶とサンダルウッドのウッドビーズを使ったストーンブレスレットです。
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの総称)の象徴、レインボーフラッグ(LGBTの象徴になっているシンボル)の6色の虹をイメージして、希望のあったカラーストーンを2個ずつ並べて作ったブレスレットです。
カラーストーンの色味もどこか淡い感じのものを選んだので、優しい感じのするブレスレットに仕上がってるかなーと思ってます。

ストーン自体は色にこだわったので、高価なものではなくて、これはとっても安く作ることが出来たブレスレットなんですけどね♪
素材にかかってる料金なんて、ワンコインにものってないですから(笑)。もちろん販売額もリーズナブルにしてます。

6色レインボーに込められた各色の意味

この6色のレインボーカラーには、各色に意味がこめられています。

赤(レッド):生命
橙(オレンジ):癒し
黄(イエロー):太陽
緑(グリーン):自然
藍(インディゴ)※現在はブルーに変更:平穏/調和
紫(パープル):精神

それぞれの色の意味を感じながら、身に着けてみると、レインボーカラーの歴史であったり、これまで活動をされてきた方々の想いのようなものまで感じられるんじゃないかなと思ったりします。
もちろん、単純にファッションアイテムとして楽しむというのでもいいですけどね(^_-)-☆

ちなみに、ストーンブレスレットはオーダーも受け付けています。
また、対面セッション(カウンセリング)が可能な場合には、カラーセラピーと組み合わせて、その方の今に必要なヒーリングカラーやパワーストーンを使って、ブレスレットを組むこともできますよ♪