LGBTをあって当たり前のものとする

みなさんこんばんは、ライフ部門のあいです。

近年、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなどセクシャルマイノリティの総称)という言葉や存在についての認知度はかなり高まっています。

しかしながら、その本質が理解されるにはまだまだ多くの壁があることも事実でしょう。

ではLGBTをノーマライズするにあたりどんなことが必要か。長い目で見た場合、最も大切なのものひとつは学校教育であると私は考えています。

最近の例で言えば教科書にLGBTについての記述があった、なんてことが記憶に新しいですね。これは大変喜ばしいことであり、期待せずにはいられません。

しかし、残念ながら教科書に載った、というだけでは不十分です。みなさん、学生の時に使っていた教科書について、学校の授業で頭からお尻まで完璧に網羅されていたでしょうか。

大抵の方は「no」と仰るのではないかと思います。つまり、教科書に載って更にはそれが教えるべきカリキュラムであるとされなければ効果は薄いと言えるでしょう。

まずは教員の理解から

当たり前のことですが、生徒に何かを教えるにはまず教員の方々がそれを十分に理解していなければなりません。

例えば「LGBTは良くないこと」なんて思っている教員の方が、その思いを交えて授業としてLGBTを説いたならば生徒の中にも偏見が根付くことになるかも知れません。

また、教えるだけではなく実際にLGBTの生徒さんがいる場合は、その生徒さんの学生生活を豊かな物にするために学校全体の理解と支援が必要になることでしょう。もちろん、学生はそのLGBT当事者ひとりではありせんので双方に留意する必要はありますが。

さて、この教員の理解ということについて最近興味深いニュースが目に留まりました。

LGBTなど「性的マイノリティ」の児童生徒について、教育現場はどう対応すべきか。文部科学省は4月1日、教職員向けパンフレットを公表した。基礎的な知識から法制度、学校での支援例まで網羅している。その具体的な中身とは。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

パンフレットは文科省のサイトにアップされている。馳浩文科大臣はBuzzFeed Newsに「文科省がこうしたパンフレットを作ったのは初めて。教育問題として、学校教育に携わる教職員向けに作った」と述べた。

文科省が2014年に実施した調査や、2015年4月に出したLGBTの児童生徒への配慮を求めた通知がベースになっている。

(以下略)

LGBTをどう教えるか 文科省が初めて「教職員向けパンフレット」作成より引用

教員とは言え、これまで教育の中で自身が教わったことのないLGBTについてをいきなり「理解し、生徒に教えなさい」なんて言われても困ってしまいます。

まして、LGBT当事者と関わったことのある人も少数なはずです。

こういったガイドが出来ることで、まずは教員の中で偏見を持つべきではないという意思統一とその理解を進めていただきたいと思います。

職員向けパンフレットへ今後期待すること

しかし、ここで問題があります。

一言にLGBTと言うものの、その中にはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー…そしてそれ以外にもインターセクシャルやアセクシャルなど様々なセクシャルマイノリティが存在します。

更に言えば、同じトランスジェンダー(性同一性障害)の生徒でも、求める対応や気をつけるべき点は異なってきます。

こう言うとどうして良いかわからないと感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかしLGBT当事者は、LGBTである前に人間であり、それそが十人十色の個性を持っているのです。マニュアルに沿った画一的な対応で済むことは有り得ません。

ですが、だからといってこのパンフレットの有用性が否定されるものではありません。

重要なのはこのパンフレットから基礎知識を吸収し、偏見なくLGBTの生徒と接することが出来るようになることです。

そうした基盤が出来上がって初めて、生徒達に偏見を与えない教育ができるのではないか、と私は思います。