こんばんは。
アパレル部門の、しんぽんです。

前にも話題にさせてもらったことのあるLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの総称)カミングアウト・フォトの「OUT IN JAPAN」ですが、現在、GREEN FUNDING というクラウドファンディングサービスで支援募集をされています。
友達や知り合いで被写体になっている人も数人いますし、スポンサー企業にお勤めの知り合いの方から被写体参加をオススメされたり。とっても注目している活動です。

OUT IN JAPAN x 写真家・LESLIE KEE 
来年4月までに1000人のLGBTのカミングアウト・フォトを撮影したい!
https://greenfunding.jp/fca/projects/1340

「OUT IN JAPAN」とは?

「OUT IN JAPAN」というのがどんな活動なのかは、クラウドファンディングサイト内の文章を引用しますね。

「OUT IN JAPAN」プロジェクトとは、2015年4月にスタートしたプロジェクトで、2020年までの5年間で、1万人のLGBTを含むセクシュアル・マイノリティのカミングアウト・フォトを撮影することを目標にしています。

本プロジェクトでは、さまざまなフォトグラファーが、LGBTを含むセクシュアル・マイノリティのポートレートを撮影。WEBサイト、写真展、写真集などを通して、皆さんの身近にもセクシュアル・マイノリティがいるということ知ってもらい、正しい理解へとつながることを期待しています。
引用:OUT IN JAPAN x 写真家・LESLIE KEE 
来年4月までに1000人のLGBTのカミングアウト・フォトを撮影したい!
https://greenfunding.jp/fca/projects/1340

これまでポートレートの撮影を担当されているのは、写真家のレスリー・キー氏。
現在も全体で6回目の撮影会に向けた、被写体募集をされている最中のようです。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの総称)当事者を被写体にした撮影パネルの展示、しかもその中には一般人も含まれた企画っていうのは、非常にインパクトのある企画だと思うし、写真を通じて世間にカミングアウトされている皆さんの勇気や信念といったものが素敵だなと思うんですよね。

そんなカミングアウト・フォト企画のために求められている支援。支援募集期間まで48時間を切っています。
「OUT IN JAPAN」の内容や想いに共感された方、支援のサポートをされてみるのはいかがでしょうか。
自分ももちろん支援済みです。

OUT IN JAPAN x 写真家・LESLIE KEE 
来年4月までに1000人のLGBTのカミングアウト・フォトを撮影したい!
https://greenfunding.jp/fca/projects/1340