こんばんは。
アパレル部門の、しんぽんです。

昨日は栃木県の小山に、カラーセラピーやカラー心理テストをメインにした出張プチ講座を開いてきました。
もともと、今年のゴールデンウィークに受けていたシータヒーリングの基礎・応用インストラクターのセミナーで知り合った人からリクエストされて行ってきたんです。
集まってくださってる方が10名もいらっしゃって、お茶やゴハンをいただきながらまったりしつつ、いくつかのワークを挟みながら気になる色の不思議をワークやプチセッションを通して、感じていただけたかなーと思ってみたり。

それにしても、今回呼んでいただいたサロンがとっても素敵な自宅サロンで、母屋とは別にサロンの建物が建っていて、無農薬の自宅菜園もされてる方なんで、ごちそうになったお昼ご飯もとっても美味しかった♪
素敵な時間を過ごしてきたんですよ♪

ということで、ファッション×カラー心理のシリーズも今回で12回目になりましたね。
皆さん、全部読んでいただけてますか?
今回は「グレーを好んで着る人」です。
グレーを選ぶ人にはどんな性質が見え隠れしているのか、一部分ですが今から見ていきましょうね。

Fotolia_83031386_XS

スマートで品の良さを感じさせ、用心深い一面を持つ「グレー」

グレーやシルバーの服や小物を身に着けることが多い人は、控えめでおとなしい性質を持っている人。
自分の意見を言わないことも多く、他の人からは、あの人はいったいどういう人なんだろう?とか、何を考えているんだろう?と思われ、わかりにくい人と思われていることがあるかもしれません。
積極的にコミュニケーションをとろうとするタイプではないでしょう。

基本的に、ソフトでおだやかなタイプで、人間関係においては常に気遣いの人。
人に迷惑をかけないようにという思考がベースにあるリスク回避型の性質を持っているでしょう。
その意味では、人あたりや身のこなしはとってもスマートで品の良さを感じさせるところが持ち味に。

ただ、目的意識だったり、やる気が欠けることも多いので、自分で考えるより指示を出してもらうことの方が向いているかもしれません。自分で考えることになると、どうしていいかがわからなくなってしまうようなところがありそう。

また、用心深い性質をもっていてデリケートなので、接した人が不機嫌になったりすると、「何か気に障ることを言ったかな?」などと不安になったり、いつまでも気にしてしまうようなところがあります。
なので、なるべく安心して過ごせるようにと、事前の準備をぬかりなくこなすのもこのタイプの人。いざという時のために色々な面で手回しをしているかもしれません。

そして、おとなしい分、怒らせると怖いのもこのタイプの人。
繊細な人なので丁寧に接してみて下さいね。

過去11回分のシリーズ投稿はこちらから♪

第1回:LGBTファッション♪黒を好んで着る人
「クールで感情を表に出さないけれど、自分を曲げずに我が道を行くタイプ」
第2回:LGBTファッション♪緑を好んで着る人
「とにかく平穏であることを大切にする、日々の小さな喜びを感じられるタイプ」
第3回:LGBTファッション♪赤を好んで着る人
「常に忙しく動き回りアグレッシブ、興味をもったら即行動の猪突猛進のタイプ」
第4回:LGBTファッション♪茶色を好んで着る人
「愛着のあるものをなかなか手放すことができない、安定感のある質実剛健タイプ」
第5回:LGBTファッション♪紫を好んで着る人
「他人と違うということに価値を見出す、独特の感性やこだわりを大事にするタイプ」
第6回:LGBTファッション×カラー心理♪黄色を好んで着る人
「周りの空気を明るくするムードメーカー、悪ふざけを楽しむ子どもっぽいタイプ」
第7回:LGBTファッション×カラー心理♪水色を好んで着る人
「素晴らしい気配り能力があるけど、誰にでもいい顔をしてしまう優柔不断タイプ」
第8回:LGBTファッション×カラー心理♪ピンクを好んで着る人
「恋愛と美を中心に世界がまわる、本能的に損得勘定をきっちり働かせる小悪魔タイプ」
第9回:LGBTファッション×カラー心理♪白を好んで着る人
「完璧主義になりがちだけれど、正義感を強く発揮する意思が強固なタイプ」
第10回:LGBTファッション×カラー心理♪青を好んで着る人
「遊び心には欠けるけれど信頼度はバツグン、冷静でストイックさを発揮するタイプ」
第11回:LGBTファッション×カラー心理♪オレンジを好んで着る人
「仲間との時間を楽しむ社交性があり、面倒見がよいけれど寂しがり屋のタイプ」

選んだ色には自分が反映されている

このシリーズの投稿で紹介しているのは、あくまで色の意味の一部から読み取れる性質になってくるので、合う面・合わない面は出てくるかもしれませんが、選んだ色には何らかの意味があって、それを好んだり、気になったりしています。
無意識のレベルでは、何かその色が発しているものに惹かれてるってことなんじゃないかなと思うんですよね。
カラーセラピーでは、気になった色を選んでもらい、その色の意味やメッセージをお伝えしながら、自分自身を内観してもらいます。
この色が気になるのはどうしてか?そこには今の自分を表しているキーワードが眠っているかもしれませんよ。