こんばんは。

LGBT-JAPANの齋藤有登です。

LGBTの認知や文化が

海外に比べると、日本はおくれていると

私は日々感じておりますが

そもそも、今日本にはLGBTに当てはまる人がどれくらいいるのか。

 

LGBT当事者以外の方に

もっと身近に感じてもらえるようお伝えいたします。

 

そもそもLGBTってどれくらいいるの?

「LGBT」という言葉はひと昔前と比べるとよく聞くようになりました。

それは僕自身が当事者だからではなく

世論としてあるのではないでしょうか。

LGBTとは、

L:レズビアン(女性同性愛者)
G:ゲイ(男性同性愛者)
B:バイセクシャル(両性愛者)
T:トランスジェンダー(性的不一致)

上記の頭文字を取ったもので、

日本人に占める割合は7.6%(電通ダイバーシティ・ラボ調べ)とされています。

 

日本におけるの多い名字ランキング1~4位の

佐藤さん、鈴木さん、田中さん、高橋さんを合わせると

約5%とされており、

数字から分かる通りそれよりも多いんです!

13人に1人がLGBT当事者となります。

 

よって、身近な存在になりつつあると言えるでしょう。

切り口を変えて、

「結婚適齢期」と定義される20~34歳だけでも、

LGBT当事者は約160万人と推計されています。

こうやって実際に数字にしてみると、

結構多いなと感じられるのではないでしょうか。

もはやマイノリティ(少数派)ではないのではないかと

感じることもすくなくありません。

 

いつかマイノリティ(少数派)とは言わせない世の中を

これから創り上げていけるよう

LGBT-JAPANのメンバーと共に

成長し、社会へ価値を発揮していきます!

 

LGBT-JAPAN

事業企画部長  齋藤 有登