生命保険とは

みなさんこんにちは、ライフ部門のあいです。

最近、私達に「自分は性同一性障害当事者ですが生命保険に入れますか?」というお問い合わせを頂く機会が増えてまいりました。それだけ当事者の方々が生命保険に関心をもっているんだと思います。

そこで本日は改めて、生命保険についてお話したいと思います。

まず、生命保険とはなにか。端的に言いますと、月々保険料を支払い、怪我や病気の際には給付金という形で支払いに応じたお金が頂けるシステムです。

この保険料は年齢や性別によって変わるわけですが、これは相互扶助という考え方に基づいたものです。簡単に言えば助け合いの精神ですね。

例えば、男性の平均寿命はどの位で、どういった病気にかかりやすいか。そのリスクに応じて月々の支払額が決まるのです。

ですが、この相互扶助の考え方が現在、私達性同一性障害が生命保険に入りにくい理由でもあります。

性同一性障害当事者が入れないと言われるのは

性同一性障害という言葉が一般的に知られるようになって、更に性別適合手術を受けて戸籍を変更したという実例が増え始めたのはつい最近のことです。

つまり、性同一性障害当事者の平均寿命やどんな病気になりやすいのかという実例がないので、先に挙げたような相互扶助の考え方が適用しにくいのです。

また、私達性同一性障害当事者にとって必需性の高い性ホルモン剤もネックになり得ます。

これは実際に私がとある生命保険会社に査定(生命保険に入れるか申請すること)を依頼したときの話なのですが、お断りされた最たる理由がホルモン剤の副作用でした。

健康診断の結果と精密な血液検査の結果、そして医師の診断書を提出してホルモン剤を投与していても健康であることを示したのですが、難しいとのことでした。

これは性同一性障害に限った話ではないですが、何かしらの薬を飲んでいるということで、その副作用から生命保険に入れないという方は多くいらっしゃいます。

現状できることは

ですが、現状でも万一に備える手段がないわけではありません。

例えば、積立型の保険などで銀行より良い利率で老後や、万一に備える方法。

また、会社によっては性同一性障害を疾病として扱い緩和型(一部の保証がなかったり、料金が少々割高だったり)の保険に入ることはができることも出来ます。

まだ、好きな保険サービスを自由に選べるまではいきませんが、備える手段がまったくないわけでもないのです。

この先、生命保険に入れるようにするには

結論から申し上げますと世間を変えることです。

前項でお伝えしたように生命保険は相互扶助の考え方に基づいています。つまり性同一性障害当事者の実例がどれだけあって、平均寿命やかかりやすい病気にはどんなものがあるかという事実が広まることがひとつ。そして、性同一性障害当事者の多数が保険に入りたくとも入れないという現状を世に伝えていく必要があります。

そしてもうひとつ。生命保険会社は現状、戸籍上の性別が判断基準となるところがあります。

それなら戸籍の変更をすれば入れるのでは、と思われるかも知れませんが先程申し上げましたホルモン剤のことが問題となりますし、性同一性障害当事者の中には、戸籍まで変えたくない方もいらっしゃいます。

こういった方々みんなが保険を選ぶ権利を得るためにはそもそも、男女二元論の日本の考え方を変える必要すらあるかも知れません。

しかし、人ひとりの力は小さく弱い。私達LGBT-JAPANだってまだ小さな団体ですので大きな影響力があるわけではありません。

なので、どうかみなさんのお声や意見を私達に預けて下さい。何かアクションを起こしたくても何をしたら良いかわからない人はいらっしゃると思います。

ならばその声をお借りして私達が世に伝えていく努力をしたいと考えております。

これをご覧になった方の中で何か伝えたいことがある方、ご質問やご相談がある方はこちらのお問い合わせからご連絡くださいませ。

遠方の方は別途交通費を頂く場合もありますが、弊社スタッフと性同一性障害に明るい保険のアドバイザー同席のもと面談もお受けしております。

お一人で悩まずぜひお声をお聴かせいただければと思います。