こんばんは!!LGBT-JAPAN代表の田附 亮です。

本日は、GID(性同一性障害)の方の医療保険の現状についてお話しさせて頂きます。

GID(性同一性障害)とは、生まれてきた性別と自分が自認している性別が反対の方々の事を言います。例えば、女性として生まれたましたが自分の性別を男性と認識しているという事です。

またその反対で、男性で生まれたましたが、自分の性別を女性と自認している方も勿論いらっしゃいます。

これは、性同一性『障害』と言われたおりますが、決して障害ではなく個性であります。
最近では、『障害』とつけないで、《性別違和》《性同一性》と言った言い方もし始めております。

そして、GIDとはGender Identity Disorderの頭文字を取ったもので性同一性障害を意味しております。

GIDの方達は、基本的には皆さまと同じく体は健康体ですので特に疾患がなければ生命保険に入れると思われがちです。

しかしその実態はそうではないのです。

GID(性同一性障害)が入れる保険はあるの?

まず何も考えないで入れる入れないのみの観点から言わせて頂きますと、あります。

その為には、加入する際に告知の欄がありまして諸々質問事項がございます。

それにチェックしまして提出し、無事加入と言う流れになります。

しかし、その為にはGIDと言う事を持病、病気扱いした上での加入となります。

ですので、本来健康体の方が加入する保険よりかは給付金も勿論病気扱いでの加入なので低くなります。

生命保険にはメリット・デメリットがまだ存在する

いくら性同一性障害といえど、体は健康体そのもの。

持病扱いで加入しないといけない事に低抗がある方もいらっしゃいます。しかし、少しでも保険を掛けたい方にはオススメです。

持病扱いしたくない。されたくない方にはオススメできないですが、現在GIDの方達の生命保険の状態では致し方ない事だと考えます。

一つの保険会社さんでは、ホルモン治療する前でしたら加入する事ができます。
メリットとしては持病扱いされず、1 人間として取り扱ってくれるからです。

デメリットとしましては、加入するのが難しいと言うところです。

他の生命保険会社さんでは電話越しで前例がない為、受入れて貰えなかった事があります。

どこの何が良いのかは、ご自分の人生ですので最終的にはご自分で決めて頂きたい。

担当の方で違いが出ますし、営業所でも違いがあります。困った時は是非ご一報ください!

LGBTフレンドリーな保険会社さん!?

小見出しの通り、LGBTフレンドリーの会社さんはいくつかあります。

しかし、その中で私が思うのは、GIDと知った上で加入が他のGID当事者でない方達と同じように加入できると言う事が出来ないものかと考えておりました。

中々、保険会社さんの考えはどうなんでしょう?
私は運良くホルモン治療前に加入した保険でしたので、加入する事ができました。

しかしそうではない方もいくらでもいて、困っております。
将来において安心し、急な病気でも対応できる保険。

私でしたら、上記の保険に加入したいです。細かい設定はなしにして考えております。

 

皆さんでしたら、どんな保険がありましたら安心ですか?

戸籍変更された方も、これからの方も、勿論どなたでもご参加できます。

是非、お力添え宜しくお願いいたします!!

お問い合わせはこちら。