実は偏見用語なんです。

こんばんは!!LGBT-JAPAN 代表 田附 亮です。

私は、LGBTが日本で当たり前にある個性になれるように活動をしております。

なので、日頃の暮らしの中でも出会う人出会う人に会話の流れ的に自然なタイミングであるなら、カミングアウトをしております。

私は、性同一性障害 (障害ではないので、最近では性別違和とも言い始めております)のFTM (女性として生まれたが性自認は男性) です。

FTM と言ってもピンとこない方もいらっしゃるかと思います。ちまたで使用されている言葉で言いますと、オナベです。

実は、このオナベというのは当事者からすると偏見用語として受け止めてしまう言葉でございます。

語源・ルーツは諸説ありますのでここでは割愛させて頂きますが、オカマやレズ・ホモなども同じく当事者からしますと偏見用語として実は良い顔はできない言葉なんです。

嫌がらせや理由を分かっていて使う方以外の方は、悪意があって使っているわけではないのは分かるので、意固地になって止めてよ!!的な意思表示はしません。

なぜなら、相手は知らないだけなのだから、怒るのは筋違いだと思うからです。

私の場合。

カミングアウトの時に、相手に分かりやすい表現の仕方をあえて使用します。

例えば・・

性同一性障害なんです。元々は女の子なんですよ。けど男になったんです。
とか

性同一性障害です。いわゆるオナベです。

など、言い方も色々ですが、あえて偏見用語を使ったり、性別を2つに制限して表現したりしています。

私は嫌な気持ちにはなりません。伝わらない言葉や、表現を無理やり使用しても言葉の暴力にやや近い物があると思うからです。

しかし、ここで私がお伝えしたいのは、性同一性障害なんですよ。と言った時の相手のリアクションと、オナベなんです。と言った時の相手のリアクションでは、圧倒的な数で、前者の性同一性障害なんですよ。の方が、相手は真面目な顔でそうなんだ・・とリアクションされる人数が多いとゆう事です。

これは、障害という言葉がついていたり、医学的になんだか大変そうな障害だなと思ってもらうからかもしれません。

私はその場合、まあ、オナベとゆう事ですよ。とさらに聞いて頂くと、あぁ!なぁんだ!的なリアクションが返ってくるのです。不思議ですね。

性同一性障害という言葉の威力

性同一性障害という言葉を使用すると同情をお返しに頂く時があります。

オナベという言葉を使用すると、悪気なくですが軽んじられる印象があります。

障害という言葉がつくだけで、周りの印象がこんなにも違うのかと驚きます。

私はどっちもしっくりしない言葉なので、今はいかに簡潔にポイントをついて伝えれるかを考えながらのカミングアウトになっております。

むしろ、オナベで伝わるならば喜んで使用致します。

分かりやすい方が、相手も自分にとっても一番だと思います。

なにが一番いい表現なのか

なにが一番いい我々のようなFTMに対しての表現なのか。

関係のない方からしてみれば、オナベだろうとFTMだろうと性同一性障害だろうと関係ないと思うんです。

なので、一番いいのはFTMかと思いますので、日々の活動でFTMという言葉の認知に励んでいきたいと思っております。

私達、FTMだって知らない事で実は偏見用語だった言葉を使用しているかもしれません。

実は『奥さん・奥様』と言った言葉も差別用語です。
知らずに使ってますよね?

LGBT当事者で差別用語は使用するな!!と激しく活動されている方も《奥さん》は使っていいのでしょうか。となります。

また、イヌイットとエスキモーについても、学校で学びましたが時代によってはイヌイットが差別用語の時期もあればエスキモーが差別用語の時期もあります。

一つ一つ調べてはいけないし、必要ないと思うんです。だって悪意はそこにはないから。そして、その言葉が偏見用語だからこっちの言葉を使って!と言われたのが、アルファベットの羅列だったら一発では覚えられませんよね?

なのでお互いがお互いの世界の常識を無理強いしてはいけないんだという事が分かりますね。

アリストテレスの言葉でこのような名言があります。

『垣根は相手が作っているのではなく、自分が作っている』

まさにその通りで、やっぱり認知が低い・・・とか、分かってくれない!!とか、偏見だ!!など、意固地になってしまうと相手は引いてしまいます。

うまく伝わらない時や、偏見があるなと思ったら、自分から相手の中に入っていくと何か変わるかもしれませんね。

肩の力を抜いたくらいが、もしかすると相手に伝えるいい具合なのかもしれません。