こんばんは。
アパレル部門の、しんぽんです。

この「LGBT-JAPAN」はGIDの子がメインで活動している団体なので、ゲイである自分はこの団体の中ではマイノリティ(笑)。
たまには自分が思うゲイってものについて書いてみるのもいいかなと思ったんで、このタイトルを選んでみたの。

TVとかマスコミではここ数年、オネエ系タレントさんが花盛り。
おかげでゲイに関して知識が薄いノンケ(異性愛者)さんが多いなーと思う。それはメディアに登場する人たちがどうしてもアイコン化されてしまうところがあるから誤解がうまれても仕方ないなーと思う反面、そういう誤解を解いていく努力もしないとはーとは思うわけですよ。

だって、自分ですらあるもの、誤解というか、ステレオタイプ的に見られてしまうこと。
もちろん自分もキャラクター的にはオネエ要素は強いですよ。でもね、ちょっと誤解と偏見にまみれてるのも、また事実。

「外見は男だけど、気持ちは女性」(女性的な部分を持ち合わせているのが強いだけですが。。。)
「ゲイであることを売りにしてオネエ系で強くアピールしてみるとかどう?」(ゲイ=オネエ系って図式になるのが短絡的じゃない?)

自分みたく、ガーリー系ゲイ・乙女系ゲイの人がね、オネエ系でくくられることはね、仕方ない部分もあると思う。
だけど、世の中の人、ゲイってオネエ系というか女性的な人が多いと勘違いしすぎじゃね?とも思うわけですよ。
中には男っぽい性格のゲイの子だっているわけだし、カテゴライズしようとするのがそもそも無理があるわけだよね。
ゲイの人って女子力が高くて、その辺の女子より女性的とか、そういうのって実際のところを知らない人が知ったかぶりに近い状態で語ってること。
ゲイの中にだって、色々なタイプの人がいる。それは性格が千差万別なのと変わらないもの。

変にカテゴライズされた見方をされることで、逆に生きづらさを感じる人もいると思う。
オネエっていうキャラクターが浸透したことで、LGBTが身近になったってことはあるかもしれないけれど、タイプの異なる人にとっては余計なイメージがついてしまったって感覚もあると思うし。

だから、LGBTといっても人それぞれ異なる個性を持っているもの。
こうだからこう、みたいな画一的な区分で色眼鏡で見られるようなことがない社会になるといいなと思っていたりはします。
LGBTとくくられていても、その中の個性は全く別物であることを多くの人が理解してくれている状態が作れますように。