GID(性同一性障害)の方の生命保険・医療保険加入の心配事

こんばんは!!LGBT-JAPAN発起人の田附 亮です!!

私は、ホルモン注射と乳房摘出手術をしています。

そしてホルモン治療と乳房摘出手術前から現在まで、生命保険と医療保険に加入しております。

その間に、何度か見直しをしているのですが、無事に加入を続ける事が出来ています。

しかし、周りのGID取り分け私の周りにはFTMが多いのでその方たちの心配事が、ホルモン注射してたら保険加入できないんじゃないか・・・

ましてや手術をしてしまったいたら、いよいよ持って難しいんじゃないか・・・

と心配している方が少なくありません。

GID(性同一性障害)専用の医療保険・生命保険。

GID専用の医療保険・生命保険は現在もちろんございません。

ここで言う生命保険や医療保険は、GIDにおける、医療機関に適応する医療保険ではなくて、一般の人して生きてく時に加入する医療保険の話しです。

ちなみに、単刀直入にいいますと、GIDの方でホルモン治療や手術などを進めている方でも入れる保険はございます。

しかし、なかなか中身がGID向けになっていない事もあり、GIDの方達が分かりやすく、安心して加入できる医療保険や生命保険はまだ存在しておりません。

なので、保険会社ごとの対応や、担当者の対応によってマチマチな部分があります。

なぜ、分かりやすく専用のコースを設定しないのでしょう?

保険会社と当事者は、分からない事が分からない!?

まず、一つ言えるのが、保険会社側としましては、異例の異例事項により、当事者が何を求めていて、そういった方々の体調面でのメリット・デメリットが皆目検討がつかない、又は、よく分からないから怖いとゆう部分があります。

当事者側としましては、ホルモン治療してるから、手術してるから、きっと加入は難しいだろう。加入したとしても、自分が性同一性障害で治療がここまでやってて・・・などを説明したところでちゃんと理解してくれて、自分にとって最適な保険コースがあるのだろうか。。

といったように、両者間で勝手に距離をおいてしまっている所があるかと思います。

非常にもったいないですよね。

せっかくだから意見交換会やりましょう!!

そんなこんなで、必要としている人がいるのに、サービスがつくれない現状を打破しようと、LGBT-JAPANが企画致しまして、保険会社の方と意見交換会を開催する運びとなりました。

これが叶えば、日本初の試みかと思います。

何回か意見交換会を開催して、必要としている人の数を具体化し、保険会社の方に提出したいと思ってます!!

そしてGID向けの医療保険・生命保険、そして同性間の死亡保障の受け取りについて現実にしていきたいと思ってます。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの総称)の方で、なんのこっちゃだが興味があるとゆう方。

LGBTの方で、難しい保険の話しだが理解したい方。

そんなサービスが日本でできたら是非使いたいLGBTの方。

とにかくこの機会に保険会社の方に質問したい事ありまくりだ!!とゆうLGBTの方。

などなど是非1ミリでも御興味がございましたら御参加ください。
もちろんLGBTでない方でも御参加お待ちしております!!

お席、まだ少量ですが空きがございます!

詳しい内容・日時などはこちらをクリックしてください(^ ^)

お問い合わせ・御質問はこちらからお願い致します。

それでは、皆さまとお会いできる事を楽しみにしております!!