こんばんは。
アパレル部門の、しんぽんです。

今期のドラマでは、天海祐希さんと沢村一樹さん主演のドラマ『偽装の夫婦』が、ゲイをテーマにした作品として注目を集めていますが、もう1本注目したいドラマが始まります。
フジテレビ系の土曜の深夜ドラマ『トランジットガールズ』がそれ。連続ドラマとしては日本のテレビ史上初のレズビアンをテーマにした作品で、11/7(土)からの放送開始です。

ドラマのあらすじと第1回の内容

トランジットガールズ #01
親同士の再婚で義姉妹になった2人の女の子が、反発しながらも惹かれ合っていくという、女の子が好きになったのが女の子だった、だけのよくあるラブストーリー。

第1回内容:
高校三年生の葉山小百合(伊藤沙莉)は、二年前に母を亡くしてから、父の圭吾(Mummy-D)と二人で暮らしている。
ある日、圭吾が再婚することになり、葉山家にやってきたのは、義母の志田まどか(霧島れいか)、そして、義姉となるゆい(佐久間由衣)。
突然の出来事を受け入れられない小百合は、ゆいに暴言を吐くが、ゆいの口をついて出たのは、意外な一言だった…。

初回放送は、11月7日(土) 23:50~24:15

なかなか日本の連ドラでメインで扱われることがなかったレズビアンテーマの作品ということで、どういった作品として描かれるのか期待したいですね。
こういった作品たちが勢いになって、LGBTをテーマにした作品がもっと登場してくれることを期待したいと思います。