同性愛をカミングアウトするということ

みなさんこんばんは。ライフ部門のあいです。

まず、タイトルについて。このようなニュースがあったことをみなさんご存知でしょうか。

カトリック総本山のバチカン(ローマ法王庁)で教義問題を担当する教理省に勤める高官が10月3日、同性愛者であることを告白した。ローマ・カトリック教会は、同性愛を自然に反する罪深い行為としている。タブー視する同性愛をめぐって、バチカンで4日から始まる世界代表司教会議でも同性愛をどう扱うか大論争となりそうだ。朝日新聞などが報じた。
同性愛を告白したのは、ポーランド人のハラムサ神父。3日、ローマでパートナーと共に記者会見に臨み、「祈り部屋から飛び出した。とても幸せだ」と述べるとともに、「同性愛は家庭を必要とする愛だ」とも述べ、時代の変化に合わせて同性婚は認められるべきだと訴えた。
報道に対して、バチカンのロンバルディ報道官は3日、「司教会議に対するメディアの過度な圧力を誘発するもので、非常に重大で無責任だ」とする声明を発表。「ハラムサ神父はこれまでの職務を継続することはできないだろう」と語った。
フランシスコ法王は「結婚とは男女がしっかり結ばれること」とのカトリックの家族観を堅持しているが、同性愛者を排除しない考えを示している。訪米中も、同性愛者の教え子と面会するなど柔軟な姿勢をみせた。一方で、同性カップルに婚姻証明を発行することを拒んだケンタッキー州の郡書記官とひそかに面会し「気持ちを強く持って」などと励ましたという。

バチカン高官、同性愛を告白「家庭を必要とする愛だ」 揺れるカトリック教会より引用

私は無宗教ですが、キリスト教を否定する気持ちはありません。そのことをご理解のうえお読み下さい。

まず思ったことは、宗教という伝統の中で何かが変わるというのは難しいことなんだな、ということです。

私が知る範囲ではですが、イタリアやアメリカ等キリスト教徒の比率が高い国では近年同性愛を認める意見が強まっています。

同性婚を認める国もあり、その中には同性婚に至るキリスト教徒もいらっしゃるものだと考えておりました。

だからこそ、その総本山の高官がカミングアウトをすることには大きな意味があるように思います。

今回は高官の方がお辞めになるという結果になりましたが、これがきっかけで内部ないし周囲が何かしらの行動を起こせるのではと思います。

思想と恋愛感情

今回はカミングアウトしたのが高官だったということもあり、こうして大きな話題となりました。しかし、これが一市民、一教徒だったならどういった結果になったのでしょうか。

私は宗教に疎いので憶測になってしまうのですが、さして大きな話題にはならなかったのではないかと思います。

前述したように、キリスト教圏内でも同性愛の話題は出ますし、同性婚を認めているところもあります。

ですが、教会としてはそれはNGだと明言しているんですね。

これは、信仰で恋愛感情は必ずしも縛れるものではないということになるのではないでしょうか。

同性愛を否定する方によく、倫理的な問題だとおっしゃる方がいます。

しかし、倫理観とは国によって違うことがあり、時代によって移り変わるものでもあると思います。

今回はたまたま宗教という場での話題でしたが、これを機に倫理に悖るという理由で否定されることは改めて見直すべきではないかと思います。

 

これから考えるべきこと

さて、ここまで少し教会側を否定するような文章になってしまいました。が、冒頭にも書いたように私はキリスト教を否定する気はありません。

今回のことは、あくまで“教会は元々同性愛を禁止”していて、高官の方は“それを承知の上でカミングアウトをした”という状況です。

つまり教会側には非はないわけです。しかし、同性愛であることは決して悪行でありません。

単純に、教義に反していたというだけです。

ですから、ここで考えるべきは高官の方が辞めたことではなく、これから当事者や周囲がどう動くかでらないでしょうか。

今回の件に限らず差別を受けた、傷つけられたということでただ憤慨したり、或いは嘆くだけでは同じことが繰り返されます。

私たちの日常にも起こり得ることです。

感情論ではなく、お互いの立場や思想を尊重し、本当の意味で理解してもらえるよう動くことこそがLGBTの今後に良い結果をもたらすのではないかと私は考えています。