こんばんは!!LGBT-JAPAN 代表の田附 亮です。

今回は、性同一性障害(GID)の方の医療保険・生命保険についてです。

最近

、色々なお仕事やセクシャリティ(性別の個性)の方からアクセスを頂きます。

インターネットで検索すると、一方では性同一性障害の方は医療保険に入れる!一方では、性同一性障害の方は医療保険に入れない!
と記されていて、さらには、担当者で違ってくるかもとか、じゃあ何処の何を信じればよいのか?

今回は、そちらについて私なりの考えと実感よりご説明させて頂きます。

性同一性障害障害とは

性同一性障害とは、性自認や性思考の話しを置いておいて、簡単に説明させていただきます。

生まれた時の性別とは反対の性別で自分が自覚していると言うことです。
私も性同一性障害の当事者でありますが、障害とは決してなくて個性であります。

ここでは性自認や性思考については割愛させて頂きますが、こちらの記事に掲載してあります。

FTM(生まれた時は女性で性自認は男性)でも男性が好き!!FTMゲイへの理解について。

性同一性障害の方達の原因が正確にしっかり解明はされていない事を無しにしても、障害と言える程日々の暮らしで生きていく上で不便さはないからです。

性同一性障害に該当する人と言うのは、つまり生まれた時の性別とは反対の性別で自覚していると言う事だけなのです。

最近のGID学会でも取り上げられているテーマとして『脱・病理化』と言うものがあって、障害ではないので障害と言わずに性同一性、又は性別違和と言う様にしましょうとなっています。GID学会についてはこちらで詳しく説明させて頂いております。

性同一性障害の学会とは何するところ?

定着までは時間がかかるかもしれません。なぜなら、当事者以外の方達に、やっと性同一性障害と言う言葉が認知されてきたばかりだからです。
性同一性障害について知ろうとしてくだっさている中、やっぱりこっちの言い方でお願いします。と言いましても、教科書で学んだエスキモーとイヌイットの言い方の違いとはやや認知度が低いので異なり、定着までは若干時間がかかると私は考えております。

だからと言って意固地にはなるのではなく、知らない事は罪ではない。と言う事を当事者は肝に銘じて、自分を知ってもらう歩み寄りから始めたいものですね。

入れる医療保険がある!?

話しは医療保険に戻します。

ここでまず注意したいのが、入れる保険とは、性同一性障害(GID)の人全員が入れるものなのか?
と言ったところです。

つまり、性同一性障害と診断された後なのか前なのか。
ホルモン注射は打っててよいのか。
胸は手術しててよいのか。
戸籍は変更しててもよいのか。

と言った様に、性同一性障害当事者のライフサイクル全てのGIDに対応しているのか否かでございます。

結果、診断を受けた後だがホルモン注射する前だったり、入れる保険が限られていて十分な保障がされていなかったりとあるかと思います。

又は、保険会社の積み立て保険の事もございます。

そして、担当者の方や生命保険会社さん次第でも若干ですが入れる保険が異なってくる事も忘れてはいけないと思います。

これは我々も調べている所ですが、GID(性同一性障害)の方でなくてもあり得ることですが担当者の方でも大きく違いますし、もちろん生命保険会社では取り扱っている保険商品も異なりますので一概にこう!!とは言い切れないのが現状です。

良いところ取りして、自分の入れる保険に入ることも1つの手段ですね。

良いところ取り以外の方法は?

今ある生命保険の商品に当事者が合わせるのではなく、必要な保険があったら素敵だと思いませんか?

私は考えました。そうだ!作ってしまおう!と。

もちろん生命保険関係の偉い人でもなければ、父がそうですと言うわけでもありません。

なので、日頃懇意にして下さっている保険会社のプロの方達に協力して頂き企画立案し動き始めました。

何年かかろうとも必ず完成させて、日本のGIDの方が将来そして万が一に備えられるように実現していこうとメンバー、一丸となって動いております。

そして日本の生命保険会社さん全てが対応してくださった時に初めてGIDが生命保険に対して選択の自由が生まれるのだと思います。

これには我々だけの力ではどうする事も出来ません。

皆様の協力が必要です。

性同一性障害(GID)の入れる医療保険ではなくて、ご自分の安心な将来をご自分で作る事を一緒にしていきませんか?

 

詳しいお話しがございましたら是非、気兼ねなくご連絡くださいませ。素敵な出会いを楽しみにしております。